あなたは何時間戦えますか?

一気に肌寒くなった9月の東京。
あなたのところはどうですか?

さて、先週末は富士スピードウェイにてSuper耐久が行われてましたね!

9月1日にそのSuper耐久の富士戦が来年2018年に24時間耐久レース
『富士SUPER TEC 24時間レース』として開催されるとの発表がありました!

日本では十勝24時間レース以来10年振り。
富士ではなんと!
50年振りの24時間耐久レースなんだそうですよ!

夜のレースの過ごし方、気になりませんか?
やっぱりキャンプ?
海外の24時間レースだと夜にBBQしたりっていうイメージ。

富士スピードウェイには一応キャンプ場はありますが
争奪戦になりそう…

これはちょっと楽しみですね♪

 

さて、モタスポ部で耐久レースといえば『マル耐』への参加!かな?
2017年10月15日(日)に袖ヶ浦で開催されるので今回も出場しますよー!

現在、Teamモタスポ部のドライバー募集中♪

checker_shimada

興味あるけどクルマを持っていないから…
▶︎ それならモタスポ部号(ユーノスロードスター)がありますよ。

一人でも参加できますか?
▶︎ もちろん!モタスポ部員になれば誰でもOK!
(参加と同時に部員になれまーす)

after_checker02

Team モタスポ部 2016年10月 第10戦

2017-04-30 12.28.34

Team モタスポ部 2017年4月 第11戦

マル耐は4時間の耐久レース形式走行会。
公式レースではないから、実はルールが面白いのです。

例えば、予選は人がコースを走ります。
元々、ドライバーの準備運動も兼ねて…
というところから始まっているそうですが
なかなかコースに入ることってないので新鮮ですよね。

そして、モータスポーツの知識を競う
「インテリーグ」
タイヤ交換の速さを競う
「メカリーグ」
出場するだけでもポイントがもらえます。

また女性がドライバーにいるとこれもポイントアップ!

レースを楽しむ要素がたくさんあるのです。

もちろんレースは真剣ですよ!
レース中にピットでの給油はできませんので
ガソリンが少なくなったら別のクルマにポンダーリレー。
その間にスタンドで給油です。

4時間ありますから交代でドライブ。
走り切ったあとは仲間との絆も深まります♪

何かにチャレンジしたいなーと思っているあなた!
ぜひこの秋は耐久レース(形式走行会)を走ってみませんか?

どんな感じか、詳しくは昨年のレポートをご覧くださいね▼
marutai_report

ドライバーの参加費は人数によって変わります。
ドラーバー4名で1人90,000円。

ちょっと高いな…と思われるかもしれませんが
含まれるものはこちら▼

エントリーフィー
モタスポ部車レンタカー代
ガソリン代
ユニフォーム代(お揃いのTシャツ)
食事代などです。

走る時間は、4名のドライバーだと1人あたり1時間!

人数によってや作戦などによって変わりますけどね。

ライセンスは必要ありません。
ただし、レース経験がある方、袖ヶ浦を走ったことがある方は走行するのに有利かと思います。

なお、直前シミュレーター練習会を予定していますので
こちらは後日お知らせしますね♪

Teamモタスポ部へのご参加はこちらから▼
driveteammsb

それでは、長時間走行を味わいたい方
チームメイトと達成感を味わいたい方

ご参加お待ちしてまーす!