カテゴリー別アーカイブ: イベント

2019年冬 エコカーカップレポート 遊車モタスポ部&くまたんず結成!

2019年の最初のイベントがエコカーカップ出場となったモタスポ部。
今年もフィットで参戦してきましたよ♪

前回からチーム名が『遊車モタスポ部&くまたんず』となり
ダブルエントリーで出場しています。

前日までの極寒から一転、少し寒さが緩んだ富士スピードウェイ。

6時オープンのゲート、10分頃に
なんと、大渋滞!

チームメイトとの待ち合わせの時間(20分)に間に合うのか!?

 

 

なんとか、20分に無事ピットへ到着!

さっそく受付、からの車検に向けたクルマの準備。

今回もゼッケン600でエントリー

ゼッケン貼り

スポンサーステッカーも貼りましょう

デコ職人惠美ちゃんによるデコレーション

今回のスケジュールはこちら!

ダブルエントリーなので一日フル活動!
頑張らねば!

さあ、さっそく朝のミーティング。

初めまして&お久しぶり♪
今回もリーダーを田中さんにやっていただきました!

無事車検も終わったし、そろそろブリーフィングのお時間です。
今回もたくさんの参加者で、また初めてエコカーカップに参加する人も多かったようです。

素人が多いゆえに通常やらない走行をする車がいるので要注意!

コントロールブリッジの説明もありました!

なんだかみんな眠そうだよ・・・大丈夫かな?

 

皆さん、遠くから集まってますからね。
遠くは大阪から。

遊車モタスポ部は大阪、浜松、相模原、熊谷、東京と様々なところから集まっているチーム。
いつも当日会うだけなのに、すぐに打ち解けていいチームワークを発揮するんです。

まだちょっと眠いけど、すぐ予選が始まるよ!

モタスポ部の忘年会、動画とクイズとなんでんかんでん

今年の忘年会は意外な場所での開催…
そう、ラーメン屋さん!

ただのラーメン屋さんではありません。

しくじり先生出演後、再ブレイク中の
川原社長で有名な『なんでんかんでん』

普段使っていない2階が会場です。
しかも2階でイベントするのは我々が初めて!

新しいラーメン屋さんの使い方かもw

その川原社長はサンタの格好で忘年会に参加してくれました♪

 

まずは、1年間ありがとうございましたー!
かんぱーい🍻

大きなお鍋がどどーんとお出迎え♪
お鍋も替え玉というか「おかわり」があって、お腹いっぱい!

サイドディッシュをつまみながら、話が盛り上がります♪

この後、1年間の振り返り動画とクイズ大会があったのですが
誰も写真撮ってなかった…。

うん、写真撮るの忘れるくらい盛り上がっていたということで!(笑)

動画は忘年会限定バージョンだったので、ただいま公開用に編集し直してます。

クイズは振り返り動画から主に出題しましたが
エコカーカップ問題ではやはり参加したお二人
田中さんと山口さんが強かった!

結局そのお二人が同点1位でしたー!こちら賞品をゲットしたお二人▼

モタスポ部グッズの新作、マグカップをゲットした田中さん

おなじみDVDをゲットした山口さん

Super GT観戦ツアーの時に私がサインを集めたモタスポ部タオルをゲットした3位の稲富さん

美味しい焼酎、ボトルに社長のサインをもらって喜ぶ稲富さん

シメはもちろん「なんでんかんでん とんこつラーメン」♪

あんなに食べたのに、3名ほど、替え玉してました!

飲んで食べて喋って・・・2時間のつもりが4時間・・・^ ^;

ご参加いただいた皆さま、おつかれさまでしたー!

2018年のイベントは全て終わりです♪
今年もいろいろなイベントにご参加いただきありがとうございました!

またブログをお読みくださっているあなた
いつもありがとうございます!

来年も一緒に
クルマで遊ぼうー!

 

一緒に遊ぶ仲間を募集してます!
登録はこちらから▼

2018年 SF最終戦&WTCR 観戦レポート vol.4

2018年10月28日 SF最終戦&WTCR

先月鈴鹿サーキットで行われたSF最終戦&WTCR。
観戦に行かれたモタスポ部員 山下典哉さんの
写真で綴る観戦レポート最終回!

============

vol.4: SF19動体テスト

さて、SF最終戦の次の日からはSF19の動体テストが開催されました。

今回は一日目
ホンダ野尻選手、トヨタ大嶋選手、小林選手での走行。

Halo(*1)の装着が決定していますのでフラッグなどの確認走行もしているようでした。
シーズンは終わったばかりですが、来年に向けての準備は着々と進んでいるようです。

二日目はホンダ松下選手、トヨタ大嶋選手でした。

松下選手はヘルメットデバイスも装着していました。

来年のシリーズも楽しみですね。

<レポート終わり>

============

山下さん、レポートありがとうございました!

Haloといえば小林可夢偉選手の脱出練習動画がありましたね↓

HALO導入されてどう変わるのか、来シーズンも目が離せませんね!

*1:HALOとは来シーズンから導入される選手の頭部を保護する安全装置のこと。

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

2018年 SF最終戦&WTCR 観戦レポート vol.3

2018年10月28日 SF最終戦&WTCR

先月鈴鹿サーキットで行われたSF最終戦&WTCR。
観戦に行かれたモタスポ部員 山下典哉さんの
写真で綴る観戦レポート第3弾!

============

vol.3: Super Formula 決勝!

さて撮影開始です。

レッドブルカラーは今年までですかね?
KCMGは今回のみの限定カラーですね。

安定した走りで独走の山本選手

 

ヘアピンではこの二人が何度も争っていました

 

ピット作業を遅らせてここまで差が縮まりましたが、

山本選手が逃げ切り優勝!

僅か1点差でチャンピオン獲得!!!

今年は接戦でした。

最後まで手の抜けない戦い。
最近のレースではなかなかない接戦でした。

山本選手 おめでとうございます。

そしてKONDOレーシングの初コンストラクターチャンピオン獲得おめでとうございます!

ニック選手のごめんねがとても印象に残りました。

 

 

次回、最終回は「SF19の動体テスト」
お楽しみに♪

(つづく…)

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ

▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

2018年 SF最終戦&WTCR 観戦レポート vol.2

2018年10月28日 SF最終戦&WTCR

先月鈴鹿サーキットで行われたSF最終戦&WTCR。
観戦に行かれたモタスポ部員 山下典哉さんのレポート第2弾!

3回に分けてとご紹介しましたが4回シリーズでお届けします♪

============

vol.2: Super Formula スタート前後

いよいよSF最終戦です。

さてさて
ではグリッドウォーク行ってみましょう!

ピットから走ってくる国本選手。

ドーピング!?
何を飲んでいたのでしょうか?

 

立川監督と石浦選手は余裕のある表情。

かたや渋めの表情の方々。

 

遅れてきたオールドルーキー千代選手

いよいよスタートです!

石浦選手も表情が一変。

 

初チームタイトルが掛かっている近藤監督。

 

ドライバータイトルのかかるニック・キャシディ選手。

相方の山下健太選手。

レース前の集中。
でも彼なら寝てるだけかもしれません。

スタートでは最後方の千代選手のロケットスタートが素晴らしかったです!

 

 

写真を撮りにヘアピンまでとスタンドを通りかかったら、

くま吉がシミュレーターに!!

あの足ですが踏み込んでました!
コースアウトしてたけどね!!

(つづく…)

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ

▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

2018年 SF最終戦&WTCR 観戦レポート vol.1

2018年10月28日 SF最終戦&WTCR

先月鈴鹿サーキットで行われたSF最終戦&WTCR。
モタスポ部員 山下典哉さんから観戦レポートが届きました!

今回から4回に分けてお届けします♪

============

vol.1: WTCR

昨年の台風が嘘のように晴れ渡る空鈴鹿サーキット。
今年はWTCRとの共同開催でピット裏が海外レースを彷彿とさせる雰囲気。

そんな中、初めに写真を撮ったのはこれ。

くま吉

はい、くま吉ですね。

ちょうど出演前の待機時間であったのかテントから周囲を警戒していました。
この後呼びに来たスタッフと押し合いしていました。(笑)

さて、WTCRとの併催なのでピットウォークもいつもより時間が早いです。(10:00)
走行時間(14:00)までの間にドラーバーの緊張をほぐす面々。

DSC_0486DSC_0493

さて次は、WTCRのグリッドウォークです。

DSC_0496

とりあえず、トムさんのところに、

DSC_0504

ボンネットにダルマとRCカーが置いてありました。

DSC_0505

 

WTCRは詳しくないので有名どころで、
ティアゴ・モンテイロ選手(Tiago Monteiro)

DSC_0525

DSC_0527

 

イヴァン・ミュラー選手(Yvan Muller)

DSC_0529

そして個人的にもっとも注目の一台。
Alfa Romeo Giulietta TCR。

DSC_0517

このスタイル大好きです。

 

DSC_0519

そしてレースへ。

 

土曜日にレース1があり、日曜日にはレース2、3と忙しいスケジュール。

特にレース2、3の間が短いのでクラッシュや接触をしてしまうとレース3に間に合わなくなる可能性も…

ポイントもレース3のほうが高いのでレース2は無理をしないドライバーが多いと思いましたが…

DSC_0549

やってもーたー(ピエール北川)

さっそく後ろから押される形でクラッシュしてしまいました。
ドライバーの感情もむき出しです。

 

DSC_0668

そしてレース2後すぐに表彰式が行われ、レース3に向けたリペアタイム。

ここはメカニックが主役です!
おっと、ノコギリでタイヤに干渉している?部分を
切断しています。

なかなか見ることのない光景ですね。

DSC_0715

そしてリペアタイムが終わるといよいよレース3のグリッドに各車つきます。

レース3でもグリッドウォークがあったのでドライバーの表情もよく見ることができました。

DSC_0725

DSC_0726

DSC_0733

 

DSC_0757

 

 

そしていよいよSF最終戦です。(つづく…)

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ

▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

今年もモテギでBBQ!参加者募集中!

今年もやります!
ツインリンクもてぎでスーパーGTを観戦しながらのBBQ!
モタスポ部でSORAエリア1枠確保しましたよー♪

2017-11-11 10.43.14

こちらは昨年の場所です

昨年の様子はこちらからご覧ください。

お肉や野菜を焼きながら待つ間は
レースについて
モータースポーツについて
はたまたプライベートなことまで語る時間。

普通の観戦よりもより親密に…

その場を楽しむといった方が適切かも。

なので、
真剣にレースを観たい人にはオススメしません!

BBQは日曜日だけですが、それ以外の時もこのエリアで観戦できます。
自分の陣地があるってかなり便利
予選やサポートレースを観るのもいいですよ。

椅子やテーブルは用意しますのでご利用ください。

今年は5名の募集です!

entryhere

レース観ながら食べながら、
仲間との親睦を深めたい方お待ちしてまーす!

近くで感じるシャンパンファイト!鈴鹿10時間アウディVIP観戦レポート vol.5

8月25(土)〜26(日)に行われた 鈴鹿10時間耐久レース

モタスポ部 田中部員の

アウディVIP観戦レポート vol.5

今回で最後!レースの行方は…

▼まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ♪
アウディVIP観戦レポート vol.1
アウディVIP観戦レポート vol.2
アウディVIP観戦レポート vol.3
アウディVIP観戦レポート vol.4

IMG_0377

41 総合3位に入った6号車のピット作業シーンです。

コンマ1秒を争う中、ピット作業にも気が抜けないですね。
一連の作業を素早くしっかりと行い、車を送り出していました。

さすが、プロです。

 

IMG_0378

IMG_0379

42 − 43 激感エリアガイドツアー(抽選)に見事に当選!
ナビゲーター井尻さんのガイド付きです。

激感エリア3ヶ所全てを回り、見どころやレース解説をして頂き、
いつもより10倍楽しいレース観戦でした!

山口さんは移動中もずっと井尻さんに質問していました。
勉強熱心ですね。

 

IMG_0380

44 長いレースも終盤です。
日も沈み、ゴールまで残り1時間ほどで各車が最後のピットインに向かいます。

アウディの6号車と21号車が同時にピットインです。

 

IMG_0381

45 残り30分を切っても、グッドスマイルのメルセデスとベントレーの激しい5位争いに、グランドスタンドは緑で応援です。

ピエール北川さんが冗舌な実況でレースを盛り上げます。

この後、アップガレージのハチロクの復帰に今度は黄色で応援と、サイリウムを使った応援が続く中で各車無事にゴール!

10時間を無事走りきった各車に拍手〜!!!

 

IMG_0382

46 レースが終われば、次は表彰式です。

6号車が3位に入ったので、ラウンジの皆さん全員で表彰台下へ移動してアウディスポーツーのチームスタッフと共に6号車のドライバーを迎えます。

 

IMG_0383

IMG_0384

47 − 48 トロフィーと賞金授与の後は、お待ちかね(?)の シャンパンファイトです。

レースのチームスタッフに混じってこんな近くで表彰式が見られるとは。
これもラウンジパスのおかげです。

 

こんな感じで、今回の10時間耐久レースではレース観戦に留まらず
レース中に繰り広げられるレースの舞台裏までリアルタイムでたっぷりと見学する事ができ
これまでに無いほど充実した時間を過ごす事が出来ました!

シリーズで観戦レポートをご覧いただき
ありがとうございました!

今度はサーキットでお会いしましょう!

モタスポ部員 田中 重隆

イケメンドライバーも登場!解説付きのレース観戦!鈴鹿10時間アウディVIP観戦レポート vol.4

8月25(土)〜26(日)に行われた 鈴鹿10時間耐久レース

モタスポ部 田中部員の
アウディVIP観戦レポート vol.4

前回はバックヤードツアーに参加した田中部員ですが
今回は何があったのでしょうか?

▼まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ♪
アウディVIP観戦レポート vol.1
アウディVIP観戦レポート vol.2
アウディVIP観戦レポート vol.3

 

アウディの社長からのご挨拶

30 ラウンジにて、アウディジャパンの社長さんからのご挨拶。
さすが、VIPラウンジ!
IMG_0365

31 続きまして、アウディ車参戦チームの総元締め(?)
アウディスポーツ カスタマーレーシングのトップである クリスさんからご挨拶。

もしAudi車が優勝したら、この方も表彰台に上がるんでしょうかね。

 

IMG_0366

32 こちらは 「おのくん」です。

えーっと…誰?

こちらは『グランツーリスモSPORT』の大会で4位入賞された方で、グランツーリスモ
タイムアタック設定&解説の為にスタッフとして参加していました。

 

IMG_0367

33 おのくんの鈴鹿サーキット攻略の解説が始まりました。
実はおのくん、この鈴鹿サーキットを実車で走った事は無いそうで〜

それなのに、実車と変わらない攻略法に井尻さんも感心しておられました。

 

IMG_0370

IMG_0371

IMG_0372

IMG_0373

34 − 37 ラウンジからコース側のベランダに出て下を覗くと、真上からピットを覗き込めます。

ピット作業の緊迫した様子が間近で観覧出来ます。
これはアウディとベントレー(お隣さん)が同時にピットインしたシーンです。

さすがに会話は聞こえませんが
きっとこんな感じだったのでは?

などと想像しながら観戦するのも面白いです笑。

 

IMG_0374

IMG_0375

IMG_0376

38 − 40 レース中にも関わらず、アウディ車の各チームのドライバーさんからご挨拶とチームの状況説明がありました。

こうやってドライバーさん直々のお話が聞けるのもVIP観戦ならでは!

それにしても各チームともイケメンドライバーを連れて来ましたね〜。

 

続く・・・

マモノはちゃんと仕事をしました!Super GT観戦ツアーSUGO

やってもーたー!

残り8周でapr31号車がクラッシュ!

SPコーナーイン側のクラッシュパッドに深く突き刺さるマシン。

 

ざわめく観客…

 

・・・

 

2017年から始まったドライバーズ・アピアランス(選手紹介)。
決勝前にチーム&ドライバー紹介がピットエリアであります。

笑顔で手を振るドライバーが多い中、一際目立つのが31号車の嵯峨宏紀選手。

キャラが変わったとまで言われるほどの
変装でドライバーズ・アピアランスを盛り上げているのです。

Super GT Official YouTubeチャンネルで取り上げるほど!

今回、SUGOということで期待していたら…

あれ?
紹介飛ばされてる?

え?
終わり?

まだやってないんだけど…

 

そんな不安がよぎるほどの間があき…

 

 

出たー!魔物だー!

SGT SUGOラウンドHA嵯峨宏紀選手の魔物

31号車マモノに注意!平手晃平選手

期待を裏切らないパフォーマンス!

ここまでやるか!というほどの変装で
もはや誰だかわからない。

嵯峨選手曰く「大変なんだよ…」

とはいうものの、毎回凝ったコスチュームを作っているので
とうとうスポンサーがついたとか。

そんな人気の演出にも関わらずレース残り8周目で相方の
平手晃平選手がドライブする31号車は

 

リアル魔物に捕まってしまった…

apr31号車平手晃平選手クラッシュ!

小さくて見えない…

apr31号車のクラッシュ!バリアパッドに埋もれてる

クラッシュパッドに埋まる31号車 from Super GT Official YouTube

後ろを走る96号車との接触で
挙動を乱しマシンはそのままクラッシュパッドへ

「魔物はちゃんと仕事をしました!」
というピエールさんの声が虚しく響きます。

(レース後半、1号車Keeperと64号車Epsonもクラッシュ!)

ドナドナされる31号車

ドナドナされる31号車

なんとも皮肉な結末になりました。

 

決勝をSPコーナーで観ていたのに
このクラッシュの瞬間、睡魔に襲われて見逃したのは秘密です><

ちっ、魔物め!