カテゴリー別アーカイブ: イベント

走る女子を応援!

モータースポーツでも女性ドライバー
走行会はもちろん、ラリーやワンメイクレースなどで多く見かけます。

今年2年目の競争女子 KYOJO CUP はまさに女性だけのレース♪

cropped-YAZA6917-1

photo by kyojocup.com

男女ミックスのレースより熾烈な戦いがありそうな…笑

ところで

モタスポ部女子で競女に出場するのが目標!
という方、いらっしゃいますか?

msboojoshiouen

練習してライセンス取ってレッスンして
きちんと出られるドライビング技術と知識をつけ
さらにそれにかかるお金ももちろん必要になります。

それでもやってみたい!
というモタスポ部女子ドライバーを応援したいと思っています♪

今年は第1回大会が6月17日(日)に富士スピードウェイでありますので
興味のある方、まずは観に行きませんか?

【入場料】
大人:2,000円(日曜)
JAF会員証・ゴールド免許証・SDカート提示:900円
FISCOライセンス会員・ FISCO会員:無料

パドックフリーですのでパドック内も上記の料金でご入場できます。

駐車場も無料です。

ツアーではありませんので自由観戦してくださいね♪

競女に興味あるとか
観戦に行きまーすという方
ご連絡はこちらへお願いしまーす!

モタスポ部がサポートしているチームをご紹介いたします♪

観戦ツアー 3つの魅力

20180503-4sgtfuji

観戦ツアーの魅力は

1. 面倒なパス購入、食事など手配をお任せできること
2. 観に行く友達や仲間がいなくても行けば仲間に会えること
3. 一人で初めての観戦も一緒に行く人がいること

2017-05-04 10.59.00_l

2017-05-03 11.10.33

2017-05-04 09.50.33

2017-05-03 12.05.08-1

2017-05-04 13.40.55 HDR

2017-05-04 13.34.29 HDR

富士スピードウェイはGW中の開催なので
特に行きたいと思ってからでは、予約が取れないことも多いです。

2017-05-03 19.58.10

2017年の懇親会食事

そこで、ぜひモタスポ部の観戦ツアーをご利用ください。

パスはグリッドウォーク&ピットウォーク付きのグリッドパスと
ピットウォーク付きのパドックパスの2種類です。

 

なぜこの2種類かというと、
選手やマシンにより身近に観られるから。

パスは部員価格ですよ。

2017-05-04 10.16.28

2017-05-04 10.07.49

2017-05-04 10.03.47

サーキットに着いたら基本的に自由行動です。
もちろん一緒に回るのもOK!

「集合写真を撮る」のだけが必須です。

2017-05-04 13.48.28 HDR

GWは特に観戦者が多く集まります。
賑やかにお休みを過ごすのが好きだったらおススメです。

お申込みは下記からお願いします。

entryhere

ダートラスタッフ体験ダイジェスト 20180318

先日のダートラスタッフ体験の様子をダイジェスト動画にしました。

1分ちょっとですので、雰囲気を感じていただけたらと思います。

今回お手伝いに参加した遠藤さんは
この体験で久しく遠ざかっていた
モタスポの楽しさを再認識したようです♪

DSC02094

スタッフ体験は難しいことはやりません。
クルマを拭いたり、荷物を運んだり。

自由時間はたっぷりありますので
間近で走るマシンの迫力をぜひ現地で体感してください!

shimada_swift2

モータースポーツ(観戦)は観て、聴いて、感じるものだと思います。

目の前のマシンの走りに驚き
エンジンの音を聴き
その音を身体で感じる。

戻ってきた時のドライバーの話をすぐに聞けるのは
スタッフ体験の醍醐味ですよ♪

お申し込みはこちらから▼
entryhere

体験じゃなくても
近くで開催されていたらぜひ観に行ってみてくださいね。
全日本のスケジュールはこちらをご覧ください。

モタスポ部の島田選手の応援、ぜひお願いします!

shimada_swift20180318

ダートラスタッフ体験談:島田選手とともに走れたような気がした

ダートラ競技を見学するのは、30年間のクルマ・レース人生で、まったく初めての体験でした。
本戦は、たった2本だけの一発勝負、1本およそ2分弱の単独で走るアタックは、見ているこちらも、いっしょに走っている気持ちになれました。

ちょっとのミスで、あっというまにタイムロス!一発で勝負が決まってしまいます。
同じクラスでの順位も決まりますが、チームメカニックも、一喜一憂。

そして2本目のアタックは、どのドライバーも、さらに攻める渾身の走り。

モタスポ部の島田正樹選手の2本目は、いちばんコースコンディションが難しいコーナーに注目しながら祈るように、見ていました。そして、そのコーナーに差し掛かったとき
「ああああああ」

コースアウトは免れましたが、大きくスライドしてしまいました。

shimada_2nd

砂利を巻き上げスライドする島田選手

メカニックスタッフお手伝いを通じで、島田選手とともに走れたような気がした一瞬のタイムロスが、土曜日から、一緒に過ごした時間が、ぎゅっと詰まった、長い長いスローモーションに感じました。

悔しかった!けど、大人たちの「クルマで泥んこ、土あそび」の純朴さに触れ、そしてモータースポーツが、さらに大好きになった、よきダートラ体験でした。

shimada_endo

島田選手(左)遠藤さん(右)

モタスポ部 片桐さん 島田さん 楽しいひとときを、本当にありがとうございました。
すっかり日焼けしてしまった46のモタスポ大好き親父より。

宣誓:私も、10年ぶりに4輪レースに復帰するぞ!!!
(もてぎJOY耐に出るぞ~)

遠藤 爾(えんどう ちかし)

 

dirttrialstaff

EV化の波はカートにも!ハマるなら今!

『ERK Cup Japan』って知ってますか?

Electric Racing Kart
電動レーシングカートレース

文字通り、EV化したカートのレースです。

Formula Eが始まって4年。
世界的に電気自動車が認知されているので
カートがあってもおかしくないですよねー♪

このERK Cup、スプリント5周と
ミニ耐久(12周)で競う第一戦が4/14(土)に
フェスティカサーキット栃木であります。

29019373_1771710556225456_1227235386_n

今までのガソリンエンジンのカートとの違いって何だろう、とか
どんな音がするんだろう、とか気になりませんか?

ちなみにエントリーするなら1チーム一台15,000円。
意外と高くない。

まあ、みなさん、自作で車を作っているそうなので
エントリーフィー以外にカートフレームがある前提で
50万円から80万円(クラスによる)はかかっているとのこと。

29004038_1771711366225375_301104486_n

揃えるとなると、やはり色々かかりますね。

2017年の最終戦で惜しくもシリーズ取り損ねたけれど
スペシャルクラスで開幕2連勝したチーム「OZと3%のおじさん達」。
モタスポ部員の堤健一さんが所属するチームが、今年も参戦します!

29243255_1771710952892083_353916977_o

29546948_1771711236225388_673353764_n

日程の合う方、観に行ってみませんか?

▼シリーズ日程はこちら▼

開幕戦 4/14 土曜
第2戦 6/3 日曜
第3戦 7/8 日曜
第4戦 9/24 月曜/秋分の日
第5戦 11/23 金曜/勤労感謝の日

以上の全5戦

場所は全て、フェスティカサーキット栃木です。
(栃木県栃木市柏倉町1275-1)

▼ERK Cup Japanのサイトはこちら▼
cropped-ERKCuplogo

電動化の波はカートにも来てるんですね。
ハマるなら今のうち!?

モータースポーツ初心者のためのドライビングポジション

あなたは普段、クルマを運転する場合
どんなポジションで乗っていますか?

運転しやすいポジションは?

自分のお気に入り、運転しやすいポジションってありますよね?

例えば・・・
シートは倒し気味で
腕は比較的伸ばした状態で
ハンドルと体の間が割と空いている感じ、とか。

ほとんどの場合、ゆったりとした状態で運転しているのではないでしょうか?

たまーにハンドルにしがみつくように運転しているのを
見かけることがありますが、それは置いといて・・・

サーキット走行の場合のシートポジション

サーキットを走る場合、それでは適切なハンドル操作ができません。

シートに深く座ってお尻をぴったりとつけたら
腕を伸ばして肘が100〜120度くらいところまでシートを移動させてください。

なぜピッタリと座るかというと、振動や滑り具合など
タイヤやクルマからの情報を感じられるようにするためです。

また、クラッチが踏みやすい位置で
(クラッチを踏み込む時が一番足を伸ばした状態です)
足が伸び切らず、適度に曲がった場所が好ましいです。

DVD(月収18万円で始めるモータースポーツ)の中で安岡選手がこんな風に説明しています。

IMG_3471

IMG_3470

IMG_3469

IMG_3468

IMG_3467

普段の運転時よりかなり前に座っているように感じますが
これがサーキット走行でのポジションの合わせ方です。

 

さらにサーキットではヘルメットをして乗るので
バケットシートでない場合はヘルメットを被ってから
シートの角度合わせをした方がいいですね。

IMG_3472

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

★上記DVDが入った『スターターキット』福袋は2/23まで販売中! 終了しました!
luckybagnowonsalefinished

4時間耐久でたくさんの感動を!

袖ヶ浦での4時間耐久は今年で参加3年目。

Teamモタスポ部で走るドライバーの受付、開始です!

teammsb20180505

4時間を走りきる達成感と
仲間と力を合わせて走る充実感。

2017-04-30 15.29.47

ドライバー交代やマシン交代のドキドキ
チームメイトが走っている時のドキドキ
自分が走り出す時のドキドキ

いろんなドキドキがあります。

2017-04-30 13.13.47

2016-10-08-12-48-17

レースに出てみたいけど、気後れしちゃう…

そんな方におすすめなのがこの4時間耐久。

だって一緒に頑張る仲間がいるから
わからないことは頼りにして
わかることは教えてあげて
できることをやる

2017-04-30 16.05.31

結果よりも充実した時間♪

あ、もちろん結果もいいに越したことはないのですが
みんなで一生懸命過ごした時間が楽しいのです。

2017-04-30 12.28.34

2016-10-08-12-35-33

そんな年に2回のマル耐。
1回目は5月5日(土・祝)です。

ぜひ、一緒に走ってみませんか?
お申し込みはこちらから▼
jointeammsb

【マル耐参加費】
参加人数により変わりますがドライバー4名で1人9万円です。

★参加費に含まれるもの
・エントリフィー
・モタスポ部車レンタル代
・ガソリン代
・直前メンテナンス代
・Teamユニフォーム(Tシャツ)代
・昼食代
☆参加費のうち、デポジットとして3万円をお振込ください。
お振込みが完了した時点で正式にお申込み受付となります。

【開催場所】
袖ヶ浦フォレストレースウェイ
千葉県袖ケ浦市林348−1

悪路を駆け抜けるダートラのチームスタッフしてみない?

砂埃舞う未舗装の道を
走り抜けるクルマ

目の前に広がる悪路を
いかに速く駆け抜けるかを競うダートトライアル。
略して、ダートラ。

時に跳ねたり、飛んだり、転んだり!?

ジムカーナのように一台ずつ出走しくスタイルで
ラリーにもラフロードを走ることがありますが
コドライバーもいない、一人でのドライブ。

そんな条件で走るのでマシンにもかなり負担が…
ハードそうですよね><

今回は、そのハイパワーマシンの走行を観戦しつつ
スタッフ体験していただくというご案内です。

shimada_car

お手伝いするのは…
今年、全日本ダートラに全戦参戦する
昨年の8月に初優勝した、島田正樹さん。

shimadasan

右側が島田さん

モタスポ部のイベントによく参加しているので
ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

今回のスタッフ体験でやることはタイヤ交換。
あとは、自由に観戦していてください。

迫力の走りを前に、スタッフとして堪能してみませんか?

【日時】3月17日(土)&18日(日)

【場所】丸和オートランド那須
(栃木県那須塩原市高林259-1)

【持ち物】
汚れてもいい服装
休憩する際の椅子
軍手
昼食

【参加費】2,000円(パス代)

entryhere

*17日の宿泊ご希望の方は別途ご案内いたします。

1月のイベント危機を救うのは?

nenga2018_msboo

新年おめでとうございます。
2018年にはや1週間が過ぎ、今までの生活が戻ってきました。

さて、1月のモタスポ部イベント。
いろいろと予定変更が重なり・・・な、なんと、ひとつもない!

と、そこへたまたま1月20日(土)に部員さん2名が
都内に来るということで
急遽、プチ新年会行うことになりました!

場所は都内、お店はまだ決めてません。
1月20日の夜、ぶらりと都内に来られる方は
こちらからメッセージくださいね♪

一緒に新年を祝い、今年のモータースポーツへの熱いトークをしましょう♪

それでは今年もサーキットやイベント会場でお会いできるのを楽しみにしております♪

 

★ただいま募集中★

ecc2018teammate

 

★まもなく募集開始★

【モタスポ部女子会】
☆2/11(日)
女子だけでモタスポトークしませんか?

【ダートラ体験】
☆2/17(土)
助手席でダートトライアルの世界を
味わってみませんか?

【Teamスタッフ募集】
全日本ダートトライアルに出場する
選手のスタッフ体験しませんか?
☆初戦3/17-18 丸和オートランド那須

3分15秒にチャレンジする人、集まれー!

先日の忘年会で今年のモタスポ部のイベントも終了。
その時にちょっとチャレンジしてもらったことがありました。

それは・・・

富士スピードウェイを3分15秒で走ること。

 

モタスポ部員さんにはおなじみですよね?

そう、エコカーカップ!

2017-12-09 14.10.48

今回の忘年会で過去のエコカーカップ参加者が3名おりまして
来年の冬大会にお誘いがてら、まだ参加したことのない方に
3分15秒ってこんな感じと、走ってもらったのでした。

普段、いかに速く走るかを競うのがレースなのに
ゆっくり走るなんて、どうなのよ!?

速く走るより、燃費!?
それってレースと言えるの!?

なーんて言う人もおりますが

3時間、50周以上
3分15秒で燃費よく走るのって・・・

 

いやー、けっこう難しいです。
奥が深い。
これは、チャレンジしたくなる!

 

早速、2/10の予定を入れていただきました!

 

まだまだ3時間を走る仲間、募集中です!

ecc2018teammate

ルールなどはメールで何回かに分けて配信しますので
少しずつ学んでください。

事前にシミュレーターでの練習会も開催するので
富士スピードウェイの走り方を練習してください。

分からないことは先輩が教えてくれますので
どんどん聞いてください。

 

お申し込みはこちらから▼
jointeammsb

どんなことするの?
ちょっと興味があります!という方や
ご質問などはこちらまでご連絡ください♪

過去のレポートは下記からご覧くださいね▼
eccreport2016s