観戦に持って行くサマーシーズングッズ5選+1

あとひと月もしたらSUGOでの第4戦!

初夏のレース観戦、といってもSUGOは天気も変わりやすく…

そこで!
本日はSUGO観戦に行く時に持って行くシーズングッズ5選を
ご紹介したいと思いまーす♪

1. ポンチョ

梅雨明け前後の時期ですし、レース観戦の基本グッズ♪

IMG_4829

遠くからでも見つけてもらえるようにピンクのポンチョ!

傘は、観戦時には周りの人の視野を遮ることにもなりますし
ピットウォークなどの混雑時は人に当たると危険です。
サーキットマナーとしてNG!

だから、ポンチョ♪
リュックをしょってもすっぽり隠れる大きめがいいですね^^

2. 日焼け止め

化粧下地にも使えるのがいいかも

やはりこの時期、天気が良ければもちろん、悪くとも必須なアイテム。
女性だけでなく、男性もしっかり塗ってくださいね。

男性も塗っとかないとね!

時々、真っ赤に焼けて痛そうな方を見かけます。
あとで苦しくなる前に、塗り直しましょう!

3. カメラの雨よけ シャワーキャップ

showercap

photo from Directwave株式会社

すごーく大きいレンズを持ってる方々はきっと
専用のカバーをお持ちだと思いますが、
デジカメなどの小さめカメラでレンズも小さいものだと
ホテルなどにあるシャワーキャップで十分♪

小さくパッケージングされているので携帯するにもGOOD!
突然の雨対応ならこれで!

4. キャップ

やっぱり日焼け防止には帽子です…笑

cap&hat

キャプでもハットでもOK!

いや、笑いごとではありません。
熱中症帽子、いや熱中症防止に欠かせません!
(↑自動変換でこっちが始めに出たんです…汗)

暑い中ずーっと野外にいる訳ですから
しっかり守ってあげましょう♪

急な雨も防げますしね。

5. シートクッション

seatcushion

SUGOの応援席はグランドスタンドの他にも見所がたくさん!
特にSPコーナーでゆっくり観たいのですが
コンクリートの席が固いので…

これさえばればお尻が痛くならずに観戦に集中できますね♪

おまけの…女性向け6選目!
アームカバー

2017-05-04 17.46.00

指先だけ出るタイプが行動しやすくておすすめ!

夏の観戦ではやっぱり欲しいもの。
手の甲が思いの外焼けるのですよ…

白魚のような手でいることは難しいですが
少しでも他の肌とのギャップをなくしたい!のです。

こんな感じかな?

あなたの観戦必需品は何ですか?

ぜひこちらから教えてくださーい♪

Super GT SUGO戦、一緒に観戦しませんか?
▼観戦ツアーのお申込は下記から▼
applynow_gr

レースとは?

サイド by サイド

これは新シーズンが始まる前の冬の間に書きたかったテーマだったのですが、タイミングを逸してしまっていました。
でも多くの方々がテレビでご覧になったであろう上の画像のシーン、そしてそれに続く青い方のクルマの監督が赤い方のクルマのピットウォールに向かうシーンがテレビで放映された(そして、このタイミングで長い船旅がスケジュールされた)おかげで、改めてこれは書かなければならない!と強く感じました。

ずばりレースとは何なのか?について。
4輪のモータースポーツの2大ジャンルはレースとラリーだと思います。
レースとラリーの最大の違いは走る環境の違いではなく、タイムを競うのか?コース上の順位を競うのか?だと思います。
つまり、ラリーではSSごとのタイムを加算していって合計タイムで順位を争うのに対し、レースでは全車が一斉に走るのでオーバーテイクする/されるという状況があります。
どちらも最終的にはプレッシャーとの戦いであり、モータースポーツはメンタルゲームというところに落ち着くと言えると思います。

このことについて書かないといけないな…と思った発端は草カートレースで何度か“プロ”ドライバーに非常に危険な幅寄せをされたことでした。
レース経験豊富な人ですら、レースをわかっていない。と感じたのです。

ラリーとの違いでもわかるように、レースの最大の魅力はオーバーテイクが可能であるということだと思います。
「抜きつ抜かれつのバトル」こそがやる側も見る側も最大の楽しみであるはず、と私は考えているわけです。
そして、これはモータースポーツの最高峰と言われるF1から誰もが参加可能なレンタルカートレースまで一律に言えることと考えます。
レースでは基本的に予選で決勝のグリッド順を決めるため、タイムの早い人が前方からタイムの遅い人が後方からスタートします。(ジャンケンやくじ引きでグリッドを決める楽しいレースもありますね!)
ただし、予選のタイムの早い/遅いはほとんどが単独走行のときのものなので、グリッドが後方のドライバーは前方のドライバーを“単独走行状態”にさせないことで勝機が出てきます。
レース全体の流れを考えつつ、前のドライバーを“つついて”プレッシャーをかけてミスを誘ったり、レコードラインから外れたラインを走らせたりすることでタイムを遅くさせることができるわけです。
前のクルマは並走されたくなければ、並ばれる前にラインを潰しにいかなくてはならないのですが、大きなタイムロスになりえるので出来るだけラインは変えたくないですね。
そして、クルマが並走している時には、その台数分の車幅を残してあげることでクラッシュを防ぐことができます。
並走状態になったから勝負あり!ということはなく、仮に抜かれる立場で相手にイン側のラインを取られたら、相手が通常と異なるブレーキングポイントでブレーキングしないといけないということを逆手にとって、できるだけ精確にブレーキできないようにプレッシャーをかけたり、外側から立ち上がり重視のラインでコーナーを立ち上がって次のコーナーまでに抜き返すことを狙ったりできます。
このように他のクルマのコース上のポジションによって走行ラインを変える必要があるのがレースであり、その結果常に理想のライン、理想のブレーキングポイント、ターンインポイント、クリッピングポイント、アクセルオンポイントなどが変化するため、完璧な走りをするのが困難なのがレースだと思います。(ラリーは各コーナーのコンディンション、限界値の見極めとそれへの対応が困難なのだと想像します。)

つまり、相手に難しいことをさせるのがレースであって、接触するリスクを負った幅寄せなんてナンセンスだし、接触するリスクのない幅寄せに対して怒るのもナンセンスなのでは?

と思っています。

(…だいぶ昔に書きかけていたコラムを読んでみたら面白かったので、今頃加筆して完成させました、、、)

春トレのフォトギャラリー、オープン

お待たせいたしました!
あっという間に1ヶ月以上経ってしまいましたが…

5月5日の春トレで撮った写真をフォトギャラリーにアップしました♪

TKH_23461  TKH_31001

とてもいい表情の写真がいっぱい!

TKH_21841

こちらは集合写真♪

クルマと一緒にいる楽しい時間

そんな言葉が浮かんできます。

たくさんありますが、参加された方はもちろん
どんな感じだったのか興味があったんだよね〜
という方もぜひご覧ください♪

雰囲気がわかると思います。

下記からどうぞ▼
sptrain_photo_gallery

congrats_tamuma_indy500

渋谷のスクランブル交差点、琢磨選手おめでとう@グリコビジョン

佐藤琢磨選手のインディ500優勝を記念して
大阪のグリコサインと渋谷のグリコビジョンに
期間限定(6/1〜7)で琢磨選手を祝福する映像が映し出されるということで…

大阪はちょっと行けそうもないので
渋谷のスクランブル交差点にあるグリコビジョンを見に行ってきました!

iPhoneで撮ったので、ちょっと見づらいと思いますが
見逃した!という方に♪

シミュレーターをレース前にする理由

エコカーカップの練習としてシミュレーターをおすすめする3つ理由をご紹介します。

startpractice

1.コースを覚える

今はグランツーリスモなどのゲームをしたりしてコースを知っているかもしれませんし
毎回出場しているチームの方はもう大丈夫かと思いますが…

★こんな方におすすめ★

・レース経験のない方
・数回しか、または全く富士スピードウェイを走ったことのない方
・走ったことはあるけど、結構前だな…という方

次のコーナーはどっちに曲がるんだっけ!?

その先の先は?

どれくらい走ると次のコーナーだっけ?

ストレートってどのくらい長いの!?

コースを覚えていると次のコーナーを予測して走ることができます。
周りに他のクルマがあった時、抜いたり抜かれたりした時に
だいたいの長さや幅がわかっていると慌てないし、無駄な動きをしないですみます。

シミュレーターで曲がりにくいコーナーを克服してから実際のコースを走ってみると
スムーズに曲がれたことがあります!

Circuit_Fuji

photo from Wikipedia

2.タイミングを覚える

エコカーカップのChallenge180は1周3分15秒以上で走る必要があります。
それ以下、つまり速く走ってしまうとペナルティを受けてしまいます。

ですので、全体でどのくらいのスピードでこのポイントを通過する、と
いうのが事前にわかっているとレースの時に役立ちます。

実際には計画通りに進まないのですが、その場合でも
「ココは遅くなってしまったから次は少し速めに行こう!」
というリカバリーができるので安心です。

ここで気をつけるのはエコで走るということです。
むやみにアクセルを踏むとガソリン、使っちゃいますから注意ですよ!

どうやってリカバリーするのかはチームで話し合うなどが必要ですね。

before

3.チームメイトと会える

チームメイトといきなり当日会うのは一緒に戦う仲間としてちょっとだけ不安がありませんか?
もちろん、お仕事やご家庭の都合で集まれない場合もありますが
出来るだけ参加して事前に仲間と打ち解けていると、心強いものです。

ドライバーとパッセンジャーのコミュニケーションが大事ですからね。
顔を合わせていたり、話したりしているとよりスムーズ!

実際に前回、スペイン人のアントニオと日本人の田中さんのコンビは
シミュレーターで一緒だったので言葉の壁を越えて
上手くコミュニケーションが取れていたし
タイムも一番良かったのです!

2017-02-11 13.13.42

6月25日に行う『エコカーカップ直前シミュレーター練習会』
参加者の方には事前にお知らせしていますが、
次回、出てみたいなぁという方にもいいと思いますよ。

▼お申込はこちらから▼

eccpractice20170625

エコカーカップ直前シミュレーター練習会、やります!

6月に入ったとたん
雨が降ったりやんだり・・・

そろそろ梅雨の季節ですね。

さて、外での活動が多いモータースポーツにとって
雨の季節はちょっと困ります。

そんなときは・・・

室内イベントの定番!
シミュレーター!

6月25日(日)13時から
エコカーカップ直前シミュレーター練習会を行いまーす!

simtrain

言葉を越えて…チームメイトとの絆も深まります!

startpractice

熱気に包まれる練習会!

エコカーカップ参加者の方、優先での開催ですが
7月の参戦は難しいけど、来年は挑戦してみたい!

という方にも。

お申込は下記からどうぞ♪

applynow_gr

あ、そうそう!
今年のエコカーカップ夏大会の参加者もまだ募集中です!
(あと2名!)

あなたもレースに出てみませんか?

詳しくはこちらから▼

applyteammsb

 

 

クルマの点検?どこを見ればいいのか聞いてきた!【Podcast】

1ヶ月ちょいぶりのポッドキャスト第2回目は・・・
『走行後の点検項目について』

モタスポ部号のロードスターの点検してもらいにBase Mへ。
先日の投稿(走行後の点検、してますか?)では、点検項目をざっとあげましたが
間野さんに実際に聞いたことを音声でお届けしまーす。

下記、黄色いバナーをクリックしてくださいね♪
radiomsb_podcastbanner
走る、観る、撮る、整備するの4つのカテゴリーで、モータースポーツ情報を音声配信♪

イベント情報、インタビュー、プチドラテクなどがiTunesからご視聴いただけます!

 

 

走行後の点検、してますか?

走行会やレースの前には念入りに点検や整備をしていても
終わったあとはチェックはしていますか?

先週になりますが、ようやくモタスポ部号も
マル耐で走ったあとの点検をしてきました(>ω・)

(モタスポ部号は走行前にブレーキフルードとオイルの交換をしてあります。)

rs_aftercheck

ブレーキパッドも残ってるし
タイヤの溝も大丈夫!

オイルもチェック!
うん、まだキレイ♪

check_oil

クルマの下もひと通りみてもらい・・・

check_underneath

問題なしっ!

ε-(´∀`; )ホッ

億劫がらずにちゃんとしないとね。
自分でできることもあるし、プロにみてもらうのもアリ。

 

点検ポイントは走行前も走行後も同じ

・タイヤ(溝が適正に残っているか)
・ブレーキパッド(パッドが適正に残っているか)
・ブレーキローター(ヒビが入ったりしていないか)
・各種オイル(汚れていないか、適正量入っているか)
・フルード(汚れていないか、適正量入っているか)
・水漏れ、オイル漏れがないか
・車体部品のひび割れはないか

こんなところがチェックポイントです。

安全にモータースポーツを楽しむために必要なことですよね♪

さて、モタスポ部号、次の出番はいつかな?

難燃素材のウエアを燃やしてみた!

『春トレ 安全教室 レーシングギア編』の続きです。

前回は「レーシングスーツやアンダーウェアが難燃素材できている」ということでしたよね。

 

ところで

燃えにくいって、実際どれくらい燃えないの!?
普通の服との違いも知りたい!

って・・・

気になりませんか?

 

なりますよね〜?

 

ということで・・・

春トレの安全教室で実験してきました!

cotton_vs_nonfire_mosaic

コットン100%のTシャツと
難燃性のアンダーシャツを・・・

ファイヤー!!!

starttofire

果たして結果は!?

こちらからどうぞ▼

いかがでしたか?

思っていたのと同じ?
それとも違いましたか?

火をつける前はドキドキしながら見守っておりましたが
想像以上の違いに、驚いております!

cotton_fire

コットン100%はあっという間に燃え上がる!

やっぱりユニフォームって大事なんだなぁー
つくづく感じた実験でした。

 

実験は安全教室の講師も担当した
レーシングギア販売のDjac 加藤大志さん
ありがとうございました!

モタスポ購買部でも販売中▼
(モタスポ部のロゴが入れられます♪)
shop_logo_w

チームメイト募集中!エコカーカップ2017夏

7月1日に行われるエコカーカップへの出場者を募集しています!
あなたもTeamモタスポ部で参戦しませんか?

エコカーカップは燃費だけでなく
決まったタイム・周回数・ピットイン回数での走行で速さを競います。

320d_pit30

ひとりで走るのではなくパッセンジャーと呼ばれる
チームメイトが助手席に乗ってナビゲーションしてくれます。

スピードやタイムをチェックしたり後ろからのクルマの接近を教えてもらったり。
協力して3時間のレースを戦います。

モタスポ部として参加して3年目!
レースのルールもわかるし、サーキットでの過ごし方を学べる。

ピットサインも自分たちで。
普段遠くから観るだけの場所に入れるのも参加する醍醐味♪

ecc20170211_pitsign

高速道路を走るくらいの速さでコースを走るので、スピードに対する恐怖は
あまり感じないと思います。

とはいえ、一台で走るのではなく他のクルマが何十台もいますので
そこはちゃんと前後左右に注意を払ってくださいね。

前回、前々回と出場した先輩と一緒に参戦しますから、初めてでも
安心して始められるのがTeamモタスポ部。

ecc20170211_tanaka

ecc20170211_abe

 

この夏、あなたも一緒に走りませんか?

20170211ongridecc

実際に参加された方々の感想は…

速すぎても遅すぎてもダメ!
燃料も気をつけないといけないけど
走り終わったあとの達成感がいい!
結果が良いとより気分がいいです!

ピットでチームメイトと食べる食事が美味しくて面白い!
いつもありがとうございます!

シミュレーターで教わった先生と一緒に走りました。
楽しかった!
またお願いします。

などなど。

走る時間は3時間ですが、チームメイトと分担して走りますので
6人のドライバーで1人30分。
30分1回か15分を2回かは作戦で決めます。

参加費は25,000円。
(こちらにはエントリーフィー、
レンタカー、ガソリン代、食事代、
ユニフォーム代が含まれます。)

applynow_gr

昨年夏のレポートがありますのでこちらからご覧くださいね。
eccreport2016s