作成者別アーカイブ: ms-boo

島田正樹選手のダートラ参戦記 第6戦 モーターランド野沢

JAF全日本ダートトライアル選手権
第6戦 モーターランド野沢(長野県)

2018年7月7日 〜8日

野沢大会は気持ち的には複雑な大会でした。

西日本豪雨がおきた日という事もあり、日曜日の朝方到着した選手も複数人おり、
気持ち的には中止でもいいのではないかとの思いが
自分だけでなく、選手間にも漂っているのが慣熟歩行中に感じられました。

そんな中一本目の走行が始まりました。

流石にスタートラインにつく頃には豪雨の事は頭になく集中して走ることが出来ました。
一本目も二本目も大きなミスもなく走れ、順位はいつもと変わらなかったのですが
タイム差が開幕時に比べて少なくなってきたのは収穫でした。

【結果】
18人中14位。

 

【島田 正樹選手 ダートトライアル戦歴】
2000年 FJ1600TIサーキット英田(現岡山国際サーキット)クラブマンシリーズ
2007〜09年 JMRC中部ダートトライアル選手権(アルトワークス)
2010〜13年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトHT81S)
2014〜16年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC31S)
2014年 全日本ダートトライアル選手権今庄大会スポット参戦
2017〜  JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC32S)
2017年 全日本ダートトライアル選手権 門前大会、今庄大会、タカタ大会スポット参戦
2018年 全日本ダートトライアル選手権フル参戦

shimadamasaki

【ダートトライアルとは】
文字どおり、未舗装のダート路面(泥濘地や砂地)をいかに速く走るかという自動車競技。
1台ずつコースインし、2回走ったうち速い方のタイムで順位を競います。

 

【モタスポ部からひとこと】

のちに「平成30年7月豪雨」と名付けられた西日本から長野の大雨。
それでも走らなくてはいけない…

中止にするには集まりすぎているのでしょうか?

そんな中でトラブルやミスもなく
安定して走れるようになった島田さんがすごいですね。

◎ ◎ ◎ ◎

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

島田正樹選手のダートラ参戦記 第5戦 輪島市門前モータースポーツ公園

JAF全日本ダートトライアル選手権
第5戦 輪島市門前モータースポーツ公園(石川県)

2018年6月17日

輪島市門前モータースポーツ公園

photo by wajimanavi.lg.jp

今回は地元のコースになるので、慣熟歩行から気合いが入ってました。

一本目前半区間はかなりいい走りが出来ていたのですが、後半区間に入る所でバックルに手が当たってしまいシートベルトが外れてコースのまるまる半分の区間、体が遊ぶ状態に・・・

タイムロスしましたが、ポイント圏内でした。

二本目はミスも無く走りきったのですが、いい感触の割にはタイムが伸びず
下位に沈んでしまいました。

【結果】
16人中14位。

 

【島田 正樹選手 ダートトライアル戦歴】
2000年 FJ1600TIサーキット英田(現岡山国際サーキット)クラブマンシリーズ
2007〜09年 JMRC中部ダートトライアル選手権(アルトワークス)
2010〜13年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトHT81S)
2014〜16年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC31S)
2014年 全日本ダートトライアル選手権今庄大会スポット参戦
2017〜  JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC32S)
2017年 全日本ダートトライアル選手権 門前大会、今庄大会、タカタ大会スポット参戦
2018年 全日本ダートトライアル選手権フル参戦

shimadamasaki

【ダートトライアルとは】
文字どおり、未舗装のダート路面(泥濘地や砂地)をいかに速く走るかという自動車競技。
1台ずつコースインし、2回走ったうち速い方のタイムで順位を競います。

 

【モタスポ部からひとこと】

今回のダートコースはなんと輪島市市営!
もちろんJAF公認です。

上空からの写真で海が近く見えます。
美しい自然の中のコースで走るのは気持ち良さそうです♪

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

島田正樹選手のダートラ参戦記 第4戦 オートスポーツランドスナガワ

JAF全日本ダートトライアル選手権
第4戦 オートスポーツランドスナガワ(北海道)

2018年5月26日・27日

オートランド砂川 ダートコース

by Google map

このコースも初めて走るコースになります。

コース幅がかなり広くハイスピードコースになります。
河川敷にある関係で砂利が多く滑り易いコースでした。

経験者から注意事項を聞きながら慣熟歩行をしたのですが、
一本目は手探り状態で走りタイムが伸びませんでした。

二本目は一本目でミスした箇所を修正し、途中までは上手く走れていました。

ゴール前が緩やかな左コーナーになっていて
アクセル全開でゴールすることが出来るのですが、
二速でコーナーを回っていてあと十数メートルというところで、
エンジンが吹けきってしまいました・・・

二速のままで行くか、三速に入れて僅かでも加速するかの選択にせまられ、
結果三速に入れることにしたところシフトミス!

五速へ入ってスピン!

計測器の外側を通る形になり、
ミスコースで二本目はタイム無しになってしまいました。

 

【島田 正樹選手 ダートトライアル戦歴】
2000年 FJ1600TIサーキット英田(現岡山国際サーキット)クラブマンシリーズ
2007〜09年 JMRC中部ダートトライアル選手権(アルトワークス)
2010〜13年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトHT81S)
2014〜16年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC31S)
2014年 全日本ダートトライアル選手権今庄大会スポット参戦
2017〜  JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC32S)
2017年 全日本ダートトライアル選手権 門前大会、今庄大会、タカタ大会スポット参戦
2018年 全日本ダートトライアル選手権フル参戦

shimadamasaki

【ダートトライアルとは】
文字どおり、未舗装のダート路面(泥濘地や砂地)をいかに速く走るかという自動車競技。
1台ずつコースインし、2回走ったうち速い方のタイムで順位を競います。

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

モタスポ部の忘年会、動画とクイズとなんでんかんでん

今年の忘年会は意外な場所での開催…
そう、ラーメン屋さん!

ただのラーメン屋さんではありません。

しくじり先生出演後、再ブレイク中の
川原社長で有名な『なんでんかんでん』

普段使っていない2階が会場です。
しかも2階でイベントするのは我々が初めて!

新しいラーメン屋さんの使い方かもw

その川原社長はサンタの格好で忘年会に参加してくれました♪

 

まずは、1年間ありがとうございましたー!
かんぱーい🍻

大きなお鍋がどどーんとお出迎え♪
お鍋も替え玉というか「おかわり」があって、お腹いっぱい!

サイドディッシュをつまみながら、話が盛り上がります♪

この後、1年間の振り返り動画とクイズ大会があったのですが
誰も写真撮ってなかった…。

うん、写真撮るの忘れるくらい盛り上がっていたということで!(笑)

動画は忘年会限定バージョンだったので、ただいま公開用に編集し直してます。

クイズは振り返り動画から主に出題しましたが
エコカーカップ問題ではやはり参加したお二人
田中さんと山口さんが強かった!

結局そのお二人が同点1位でしたー!こちら賞品をゲットしたお二人▼

モタスポ部グッズの新作、マグカップをゲットした田中さん

おなじみDVDをゲットした山口さん

Super GT観戦ツアーの時に私がサインを集めたモタスポ部タオルをゲットした3位の稲富さん

美味しい焼酎、ボトルに社長のサインをもらって喜ぶ稲富さん

シメはもちろん「なんでんかんでん とんこつラーメン」♪

あんなに食べたのに、3名ほど、替え玉してました!

飲んで食べて喋って・・・2時間のつもりが4時間・・・^ ^;

ご参加いただいた皆さま、おつかれさまでしたー!

2018年のイベントは全て終わりです♪
今年もいろいろなイベントにご参加いただきありがとうございました!

またブログをお読みくださっているあなた
いつもありがとうございます!

来年も一緒に
クルマで遊ぼうー!

 

一緒に遊ぶ仲間を募集してます!
登録はこちらから▼

島田正樹選手のダートラ参戦記 第3戦サーキットパーク切谷内

JAF全日本ダートトライアル選手権
第3戦 サーキットパーク切谷内(青森県)

2018年5月5日・6日

photo by circuit kiriyanai site

このコースは過去に一度だけ走ったことがあるのですが
思った様なタイムを出すことが出来ず、定位置と言える下位に沈んでしまいました。

正直、ミスらしいミスもなく、大勢が決まった耐久レースの様な
盛り上がることもない、現時点での実力通りの結果となりました。

シーズン後の今から振り返れば、
一番最初から最後まで平凡な大会になりました。

【結果】
15人中14位

次回のレポートは「第4戦オートスポーツランドスナガワ」です。

【島田 正樹選手 ダートトライアル戦歴】
2000年 FJ1600TIサーキット英田(現岡山国際サーキット)クラブマンシリーズ
2007〜09年 JMRC中部ダートトライアル選手権(アルトワークス)
2010〜13年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトHT81S)
2014〜16年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC31S)
2014年 全日本ダートトライアル選手権今庄大会スポット参戦
2017〜  JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC32S)
2017年 全日本ダートトライアル選手権 門前大会、今庄大会、タカタ大会スポット参戦
2018年 全日本ダートトライアル選手権フル参戦

shimadamasaki

【ダートトライアルとは】
文字どおり、未舗装のダート路面(泥濘地や砂地)をいかに速く走るかという自動車競技。
1台ずつコースインし、2回走ったうち速い方のタイムで順位を競います。

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

助ちゃんのレース参戦レポート 180 ENDURANCE 2018

先週末、モタスポ部員 助野光さん(助ちゃん)がタイで行われた耐久レースに参戦しました!

予選でハプニング発生!
果たして完走できるのか!?

下記より助ちゃんの参戦レポートをご覧ください♪

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

練習走行開始早々、ボンネットが開きフロントガラスが割れるという事態になり
練習はおろか予選の走行も出来ず決勝を迎えました。

スタートから数周、トップ集団に抜かされる際に少し接触はありましたが、特に問題なく少し順位を上げピットイン。

相方の味元選手は、バリバリの経験者で更に順位を上げ戻ってきてくれました。
だんだん日も暮れ、初めてのサーキットにして初めてのナイト走行。

コースは覚えれていたので問題ありませんでしたが、ブレーキポイントが見にくく少し飛び出してしまうこともありました。
しかし、接触もなく順位を下げることなくピットイン。
ラストも安定した走りで、味元選手無事にチェッカーを受けました🏁

初日の練習走行では、2分36秒しか出なかったのですが
決勝では2分26秒を何回か出せたので自分の中のタイム的には少しは良かったかなと。

味元選手の7秒落ちなので、全体で見るとまだまだ。
ヒールアンドトゥもまだまだだし、改善するところはたくさん。
このレースを通して、いろんなことが見えました。
とてもいい経験になりました。

arto osaka様 Buzz Factory様、今回このような機会を頂きありがとうございました。
チームの皆様、ありがとうございました。

応援してくれた皆様、ありがとうございました。

来シーズンどうしていきたいか明確にし、しっかり計画し動いていきたいと思います。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

180 ENDURANCE 2018
予選:走行不可(最後尾スタート)
決勝:総合20位/34台中 クラス8位

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

初めての海外レースで無事完走した助ちゃん!
やったね、おめでとうー!

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

一年を振り返るモタスポ部の忘年会はもうすぐ!

忘年会の季節となりました!
今までとちょっと雰囲気の違う今年の忘年会…

場所は高円寺の『なんでんかんでん』2階!
ざっくばらんにお話できる場所で
モタスポクイズをしながら一年を振り返りかえりたいと思います♪

途中、なんでんかんでんの川原社長も顔だしてくれますよ!
もしかしたら、来年〇〇なんてことがあるかも?

こちらは2017年の忘年会の集合写真

毎年、あっという間に時間が過ぎて話し足りなくて名残惜しいほど。

・今年、モタスポ部のイベントに参加された方も
・来年は参加してみようと思っている方も
・まだモタスポ部に入っていないけど、モータースポーツに興味があるという方も

年末のひと時、モタスポ談義しながら過ごしませんか?

参加者の方にモタスポ部からのプレゼントも用意しております!

ご参加お待ちしていまーす♪

島田正樹選手のダートラ参戦記 第2戦スピードパーク恋の浦

JAF全日本ダートトライアル選手権
第2戦 スピードパーク恋の浦(福岡県)

2018年4月14日・15日

「スピードパーク恋の浦」サイトより

今回のコースは初めて走るコースになることもあり練習走行から注意していましたが、
本番一本目、あと1つコーナーをクリアすればゴールというところで痛恨のミスコース。

しかも慣熟歩行の際、気を付けなければと思っていた場所で気にし過ぎて間違えてしまいました。

二本目は無難に走り切ることは出来たのですが、一本目でミスコースにより走れなかったコーナーを上手く曲がれず、タイムロス。
ポイント獲得のチャンスを逃してしまいました。

ダートトライアルを始めてからミスコースは3〜4回程しかないですが、
今回ほどその影響の大きさを感じたことはありませんでした。

やはり全日本は厳しいところです。

【結果】
11人中11位

次回のレポートは「第3戦サーキットパーク切谷内」です。

【島田 正樹選手 ダートトライアル戦歴】
2000年 FJ1600TIサーキット英田(現岡山国際サーキット)クラブマンシリーズ
2007〜09年 JMRC中部ダートトライアル選手権(アルトワークス)
2010〜13年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトHT81S)
2014〜16年 JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC31S)
2014年 全日本ダートトライアル選手権今庄大会スポット参戦
2017〜  JMRC中部ダートトライアル選手権(スイフトZC32S)
2017年 全日本ダートトライアル選手権 門前大会、今庄大会、タカタ大会スポット参戦
2018年 全日本ダートトライアル選手権フル参戦

shimadamasaki

【ダートトライアルとは】
文字どおり、未舗装のダート路面(泥濘地や砂地)をいかに速く走るかという自動車競技。
1台ずつコースインし、2回走ったうち速い方のタイムで順位を競います。

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

2018年 SF最終戦&WTCR 観戦レポート vol.4

2018年10月28日 SF最終戦&WTCR

先月鈴鹿サーキットで行われたSF最終戦&WTCR。
観戦に行かれたモタスポ部員 山下典哉さんの
写真で綴る観戦レポート最終回!

============

vol.4: SF19動体テスト

さて、SF最終戦の次の日からはSF19の動体テストが開催されました。

今回は一日目
ホンダ野尻選手、トヨタ大嶋選手、小林選手での走行。

Halo(*1)の装着が決定していますのでフラッグなどの確認走行もしているようでした。
シーズンは終わったばかりですが、来年に向けての準備は着々と進んでいるようです。

二日目はホンダ松下選手、トヨタ大嶋選手でした。

松下選手はヘルメットデバイスも装着していました。

来年のシリーズも楽しみですね。

<レポート終わり>

============

山下さん、レポートありがとうございました!

Haloといえば小林可夢偉選手の脱出練習動画がありましたね↓

HALO導入されてどう変わるのか、来シーズンも目が離せませんね!

*1:HALOとは来シーズンから導入される選手の頭部を保護する安全装置のこと。

 

メルマガでイベントをお知らせ!
走る、観る、撮る、整備するから始めるモータースポーツ
▼モタスポ部の入部はこちら▼

joinusform

タイでレース!?助ちゃんのモータースポーツチャレンジ

4週間後はもう2019年!
今年もあっという間に終わりそうです…

さて、本日は部員さんのレース参戦についてのご紹介です。

モタスポ部のブログに登場する部員さんのひとり
助ちゃんこと助野光さん。

2年前だったかな、カレンダーを飾ったかと思えば、
今年はなんとタイで行われる
耐久レースにドライバーとして参戦するんですって!

どんなレースかというと

12月13、14、15日
タイで行われるSuper Endurance 600!

助ちゃんが出場するのは180分の耐久レース。
ドライブするのはToyota Vios
ゼッケンは333

初めての海外レースにチャレンジする助ちゃんからメッセージをいただきました!

「チャーンインターナショナルサーキットで
Super Endurance 600というレース!

arto osaka様とBuzz Factory様からサポートを受け、
タイで耐久レースに参戦することになりました。
耐久レースなので、安全運転を優先し、
自分の力を出したいと思います。
このようなチャンスを頂けたことに感謝し、
無事完走を目標に頑張り、全力で楽しみたいと思います!
ネット配信もあると思うので、
日本から応援よろしくお願い致します」

着実にモタスポ戦歴を重ねる助ちゃん。

数年前、エコカーカップで
うまく走れなくて目を潤ませた彼女はもういない…

楽しんで走ってきて欲しいです♪

ぜひ応援、よろしくお願いします!